HOME 組合について プロフィール

アパレル工業組合について About Us

組織名 岡山県アパレル工業組合
住所 〒711-0921
岡山県倉敷市児島駅前1丁目46番地
>>MAP
連絡先 TEL.086-473-3411/FAX.086-473-7040
設立認可 昭和34年4月3日
34広島通商産業局認可第118号
中小企業団体の組織に関する法律での商工組合
名称変更 平成元年6月29日(広島通商産業局)
岡山県被服工業組合→岡山県アパレル工業組合
所属団体 日本被服工業組合連合会
中小企業団体中央会
組合員の資格 岡山県下において衣料品の製造業を行う者、及び製造販売業を行う者
組合員数 81社(平成27年 6月 1日現在)
主な生産品 スクールユニフォーム、ワーキングユニフォーム、スポーツユニフォーム
ジーンズ、カジュアルウエア

主な事業

昭和44年 岡山県被服厚生年金基金の設立
業界従業員の福祉と繁栄のため
昭和48年 岡山県被服配送センターの設立
業界活性化支援
昭和49年 15億円の転貸融資の実行
オイルショック不況のため
昭和52年 岡山県アパレルグレーディングセンター設立(平成11年5月解散)
業界活性化支援(コンピューター化)
昭和56年 日本ジーンズメーカー協議会設立
全国ジーンズ業界の結束
昭和57年 学生服認証マーク制度の確立
校内暴力問題により全国の統一
昭和58年 設備廃棄事業の支援(11億円事業)
業界活性化のための政府事業
平成5年 倉敷ファッションセンター(株)設立
業界活性化のため
平成8年 岡山県アパレル産地ビジョンの策定
アパレル産地の指針の策定
平成9年 スポーツユニフォームサイズ(JISサイズへ)作成
業界活性化のための規格統一化
岡山県繊維産地フォーラムの開催
県下繊維産業の団結
平成10年 岡山県アパレル産地環境ビジョンの策定
アパレル産地の指針の策定ならびに研究
平成11年 小学生用通学服の開発
学生服業界の新規分野開拓
平成12年 縫製体験工房の開催
エコロジー繊維製品のレポート作成
平成13年 岡山国産エコ・ユニフォーム総合展示会の開催
平成14年度 岡山県認定エコ製品展示発表会
国際エコユニフォーム展
平成15年度 介護衣料の開発
国際福祉機器展出展
その他 平成8年7月より、7月・1月岡山ユニフォームフェア開催
現在学生デザイン画募集(入賞作品をファッションショーで発表)
平成13年12月をもって中止

大阪花博支援(岡山県)、瀬戸大橋博支援(パビリオン)
県下福祉団体へ衣料品の寄贈、阪神大震災へ衣料品の寄贈・・・等々